不用品のタイヤを損せず回収に出す方法

目次

「タイヤを新品に交換してもっとドレスアップしたい、でも不用になったタイヤはどう処分すれば良いの?」と頭を抱え込んではいませんか?
タイヤは、一般家庭の廃棄物としてごみステーションに出すことはできないので、自治体のごみ収集として回収はしてもらえません。
そこで、今回は不用品のタイヤの適正な処分方法について考察しながら、損せずに回収に出す方法について解説するので、お困りの方はぜひ最後までお読み下さいね。

タイヤは自治体の粗大ごみ収集では回収できない

車のタイヤを処分するのに、自治体の「可燃物の日」に排出すべきなのか、それとも「不燃物の日」に出せば良いのか迷う方も多いようです。
しかし、タイヤは家庭ごみの「可燃物の日」「不燃物の日」のいずれも不可となります。自治体のごみ収集日に不用品のタイヤを排出することはできません。
なぜなら、タイヤは重量と厚みがあり、自治体指定の業者が家庭ごみとして収集するのは大変な作業になります。タイヤは一般廃棄物として処理することはできず、適正処理困難物に指定されています。タイヤの内側にはめ込む車輪状のホイールも、これに含まれます。

適正処理困難物とは

適正処理困難物とは環境用語の一種で、「一般のごみとして自治体への排出や、処理が困難な廃棄物」として指定された物のことを指します。
環境大臣によって指定された適正処理困難物は、タイヤ (ホイールも含む) の他にもテレビ・冷蔵庫・マットレス(スプリング入り)、全部でこの4品目となっています。
適正処理困難物に指定されているわけですから、当然無料では回収することはできず、有料での引き取りとなります。

中古買取業者やフリマアプリで売却できるかを検討

古いタイヤを処分する前に、「売却」する方法について1度検討してみてはいかがでしょうか。不用品のタイヤは、中古買取専門の業者に買取してもらう方法や、フリマアプリ・ネットオークションに出品する方法があります。

売却できるタイヤの目安

不用品のタイヤなら、どれでも無条件に売却できるというものではありません。
タイヤの売却を検討しているなら、品質がどのような状態なのか的確に把握しておかなければなりません。

1.タイヤの溝があるか

新品のタイヤには溝がありますが、長期間走行すると溝がすり減ってきます。タイヤの溝がなくなると滑りやすくなり、安全な走行が出来なくなります。
タイヤの溝がある状態なら、売却してもそれなりの商品価値はあることでしょう。
タイヤの溝が一部でもなくなってしまった場合は、自動車の安全な走行が難しくなるので、商品価値が下がってきます。

2.タイヤにヒビが入っていないか

タイヤにヒビが入ってしまった場合は、自動車の安全な走行ができなくなります。仮に、ヒビが入ったタイヤや亀裂が生じたタイヤをそのまま使い続けていると、やがては破裂するリスクが高くなります。

自動車・タイヤ買取業者での買取

不用品のタイヤは、自動車・タイヤ買取専門店で売却することができます。
タイヤが「溝あり・ヒビなし・亀裂なし」の状態を維持できていれば、「商品としての値打ちはそれなりにある」と見て良いでしょう。
ただし、素人が勝手に判断することはできません。お手持ちのタイヤを売却する前に査定に出して、品質状態をチェックしてもらいます。その上で、適正な査定額を出してもらう必要があります。
自動車・タイヤ買取専門店で高額買取を目指すなら、タイヤを2本または4本のセットで売却することをおすすめします。
本来、自動車のタイヤは単独で1本のみで使うものではありません。単品よりもセットでまとめて売却することで高額買取に希望が持てることでしょう。
たとえ未使用品のタイヤであったとしても、長期に渡り保管していても何の意味もありません。もともとタイヤは消耗品ですから、長く保管するとゴムの部分が傷んでしまい、走行状態にも大きく影響します。「不用になったら商品価値があるうちに早めに売る」のが高額買取の秘訣です。

フリマアプリへの出品

「フリマアプリにタイヤを出品して高く売れた」という話をよく聞きますが、出品すればすぐに売れるという保証はありません。
ダンロップやブリヂストンなどの有名メーカー品であっても、破損したタイヤやニーズの低い物だと買い手がみつかりにくいです。破損やひびなど、欠陥箇所のあるタイヤを出すのはルール違反です。タイヤは数多い自動車部品の中でも安全な走行に大きく関わるパーツですから、売りっぱなしは禁物です。
希少価値が高く、品質状態の良いタイヤであれば、フリマアプリで高額買取されるチャンスがあります。

高価で売却できるタイヤBEST3

  • 1位 ダンロップエナセーブEC503+ヴェゼル純正18インチアルミホイール 46,800円
  • 2位 グッドイヤーアイスナビ6+15インチアルミホイール6,000円
  • 3位 ピレリのスタッドレスタイヤとホイールのセット 5,500円 

※タイヤ本体とホイールをセットで売却

基本的な処分方法と料金相場

自動車のタイヤを処分するには、最寄りのガソリンスタンドやカー用品に依頼する方法と、不用品回収専門の業者を利用する方法があります。
基本的な回収方法と料金相場について見ていきます。

ガソリンスタンドで処分

行きつけのガソリンスタンドで、不用になったタイヤを処分してもらう場合、所定の手数料を支払う必要があります。
ただし、どのお店でもタイヤの処分を随時受付しているというわけではないので、処分する前に必ず確認しましょう。

タイヤの料金相場

エネオス

エネオス (ENEOS)のガソリンスタンドでタイヤを処分する場合は、1本につき330円 (税込)です。ただし、ホイール付きのタイヤは1本につき550円 (税込)の費用が発生します。

コスモ石油

コスモ石油でタイヤ本体のみ処分する場合は、タイヤのサイズにより料金が異なります。タイヤの大きさが15インチ以下の場合は1本につき440円 (税込)、16インチ以上は550円 (税込)です。
タイヤ本体とホイールを一緒に処分する場合は、15インチ以下6,700円 (税込)、16インチ以上は7,700円 (税込)です。この料金にはタイヤ・ホイール4本分の取り外し費用が含まれています。
これを1本ごとの料金に換算すると、15インチの場合は1本あたり1,675円 (税込)、16インチ以上の場合は1,925円 (税込)という計算になります。

出光

出光(昭和シェル石油)では、15インチ以下のタイヤ本体のみを処分する場合は、1本につき550円 (税込)、16インチ以上は770円 (税込)です。アルミホイール付きの場合は無料、ただし、鉄ホイール付だと1本につき660円 (税込)の費用がかかります。

タイヤの回収方法

最寄りのガソリンスタンドにタイヤを持ち込む前に、事前に電話で不用品のタイヤ処分に対応可能かどうか、確認しておくと安心です。
ガソリンスタンドにタイヤ処分を依頼する場合は、店舗に直接持ち込みするのが一般的です。

カー用品店での処分

全国展開のオートバックスやイエローハット、タイヤ館では、不用品のタイヤ回収・処分に対応可能です。

タイヤの料金相場

オートバックス

オートバックスでタイヤ本体のみ処分する場合は1本につき330円 (税込)~550円 (税込)です。タイヤ本体のみ4本まとめて処分する場合は、1,320円 (税込)~2,000円 (税込)です。
ホイール付きタイヤは1本につき800円 (税込)~1,100円 (税込)の取り外し費用がかかります。

イエローハット

イエローハットでタイヤのみ処分の場合は1本あたり330円 (税込)~440円 (税込)、タイヤのみ4本で1,320円 (税込)~1,760円 (税込)です。ホイール取り外し工賃は1本につき550円 (税込)~1,200円 (税込)で、大きさ(インチ数)により格差が生じます。

タイヤ館

タイヤ館では、タイヤのみ処分の場合は1本275円 (税込)、4本分で1,100円 (税込)からとなっています。ホイール取り外し作業が必要な場合は、1本につき550円 (税込)からとなっており、インチ数により料金に格差が生じます。

タイヤの回収方法

カー用品専門店では、新しいタイヤに買い替えるタイミングで古いタイヤを処分することができます。お店によっては、「古いタイヤの処分のみ」の対応も可能です。
タイヤ本体のみ処分するよりは、ホイール付きの方が料金は割高になりますが、合わせて依頼しておけば、取り外し作業もスタッフが対応できるので安心です。
どの店舗でも、基本的にはお店に不用品のタイヤを持ち込みするのが一般的です。
新品購入のタイミングで処分を依頼する場合は、割引される可能性もありますので、交渉してみても良いでしょう。

不用品回収業者

不用品回収業者にタイヤの処分を依頼する場合は、合わせて家具や家電製品などの扶養品も一緒に回収してもらうと、料金がお得になるケースもあります。

タイヤの料金相場

ガソリンスタンドやカー用品専門店に依頼する場合は、タイヤやホイールの大きさによって料金に格差が生じますが、不用品回収業者の場合は、インチ数によって処分費用が変わることはまずないでしょう。
不用品回収業者でタイヤ4本を処分した場合、8,000円程度が相場となります。他にも処分したい物があれば、合わせて出しておくとお得になります。

タイヤの回収方法

不用品回収業者に電話またはメールでお問い合わせをして、希望の日時を伝えておけば、業者が引き取りに来ます。業者によっては、最短即日~翌営業日に対応できる場合もあります。

無料で処分を宣伝する回収業者に注意

「無料で廃品回収します」との触れ込みで近所を巡回するトラックを見かけたことはありませんか? しかし、現実的によく考えてみると、不用品の無料処分など、到底実現できるはずがありません。
実際にこのような業者に不用品回収を依頼すると、お金を請求されたケースが全国的にも多いです。

「無料で処分」を謳い文句に宣伝する回収業者には最初から近づかないのが無難です。悪質な業者に引っ掛からないためにも、不用品回収を業者に依頼する前に、業者が正規の事業者であるかどうか事前に確認しておく必要があります。

正規の事業者であるかどうか、判断するための目安となるのが「産業廃棄物収集運搬業」の資格です。正式に認可を受けた業者である場合は、産業廃棄物収集運搬業許可証の番号が付与されます。近所を巡回する業者のトラックに、産業廃棄物収集運搬業許可証の番号が記載されていない場合は要注意です。
余談ですが、不用品回収業者によっては、遺品整理にも対応できるところもあります。 業者に遺品整理を依頼する場合は、「遺品整理士」などの専門的な資格を取得しているかどうか確認しておくと良いでしょう。

タイヤの不用品回収ならエコスリーにお任せください

今回は、不用になったタイヤの回収・処分について解説しました。
お近くにカー用品やガソリンスタンドがあれば、お店に持ち込みすると良いでしょう。
ただし、タイヤ以外にも処分したい物がありましたら、不用品回収専門の業者に相談することをおすすめします。
1度に複数の不用品を一挙まとめて出すことで、お得なプランが利用できる可能性もあります。エコスリーでは、タイヤ1点からの回収はもちろん対応可能ですが、何点かまとめて出していただくことで、お得なパック料金をご利用できます。
4種類のパック料金を用意しており、その中からお客様のニーズに見合う最適なプランを提案いたします。
「1日も早く不用品を処分してスッキリしたい」「タイヤを処分したいけど取り外しが面倒」そのようなお悩みにもエコスリーではしっかりお応えします。
お電話・メールにてご連絡いただいた後は迅速に対応し、お約束の日時にスタッフが伺います。取り外し作業から搬出・回収まで、徹底した一貫体制なので、エコスリーのご利用が初めての方もどうぞご安心下さい。

     

タイヤの不用品回収に
対するよくある質問

タイヤの交換・回収作業の依頼は可能ですか?
不用品回収業者ではタイヤの交換や自動車についているタイヤの回収は基本的に行っていません。必要な方はタイヤ専門店などに依頼してください。
パンクや傷のあるタイヤも回収できますか?
自治体や不用品回収業者では使用不可になっているタイヤも回収可能です。タイヤ専門店などでは新しいタイヤの購入で古いタイヤを格安で回収してくれるケースもあります。
冬用タイヤと夏用タイヤで料金に違いはありますか?
タイヤの種類によって回収料金に差はありません。買取の場合は時期やタイヤのブランド・状態によって買取金額が前後するので売却前にお見積りを確認してみてください。
利用が不可能になった廃タイヤはどのように処分されますか?
日本国内では1年で1億本、約100万トンのタイヤが廃棄されており、廃タイヤはタイヤ製造業者によって積極的に更生タイヤへのリサイクルが進んでいます。
クレジットカード・スマホ決済にも対応:エコスリーでは現金以外にも各種クレジットカード・スマホ決済(PayPay・楽天Pay)でお支払い可能です。
クレジットカード・スマホ決済にも対応:エコスリーでは現金以外にも各種クレジットカード・スマホ決済(PayPay・楽天Pay)でお支払い可能です。