不用品のシュレッダーを損せず回収に出す方法

目次

個人情報保護の観点からシュレッダーを購入する人も増えてきましたが、故障して使えなくなってしまい、どう処分すれば良いのかお困りの方もいるのではないでしょうか。
シュレッダーが使用可能な状態なら中古品として売却もできますが、使用不可となった場合は行政サービスや不用品回収業者の手を借りる必要が出てきます。
そこで、今回はシュレッダーを損せずに回収に出す方法について解説しますので、お困りの方は最後まで読んでいただけると幸いです。

家庭用・業務用シュレッダーの違い

シュレッダーは一般家庭向けのものとオフィス向けの業務用に区分されていますが、この2つの違いについてご存知でしょうか。
双方を比較すると、処理速度・耐久性・同時細断枚数など、機能性について大きな違いがあります。家庭用の場合は、同時細断枚数が最大で10枚程度、業務用は1度に20枚以上の紙を細断することができます。
業務用シュレッダーは、おもに企業やオフィスで使用されています。
社内文書や資料などの書類に記載された内容について、守秘義務があります。このような観点からも、膨大な量の書類を迅速に廃棄処分にしなければなりません。
業務用シュレッダーは、大量に書類を処分できる機能が搭載されているため、大容量で重いです。紙だけではなく、CDやDVDのクロスカット細断が可能な業務用シュレッダーもあります。連続運転時間は15分~最大1時間程度で、大量の紙くずを収納できる大きなゴミ箱がついているものもあります。
一方、家庭用シュレッダーは軽量でコンパクトなサイズのものが多く、置き場所に困ることもありません。ただし、簡易的なタイプなので連続運転時間も短く、A3などの大きな用紙を処理するのには向いていません。細断の処理速度も、業務用の方がスピーディーです。

小型電動シュレッダーは自治体の回収ボックスで処分可能

一般家庭向けの小型電動シュレッダーをお持ちの方は、粗大ごみとして排出する必要はありません。シュレッダーのサイズが30㎝未満の場合は、小型家電回収ボックスに入れて処分することが可能です。
なお、小型家電回収ボックスの設置場所については、自治体の公式サイトを閲覧して確認しておくと良いでしょう。

ちなみに、東京都新宿区では「資源回収ボックス」として、区役所や一部の図書館など公共施設内に設置されています。シュレッダーなどの使用済み小型電子機器の方にも乾電池やインクカートリッジなどの不用品をまとめて出すことができます。

中古買取業者やフリマアプリで売却できるかを検討

お手持ちのシュレッダーを廃棄処分にすることもできますが、使用可能な状態であれば中古買取店への売却やフリマアプリへの出品について検討してはいかがでしょうか。

①中古買取業者での買取

中古品買取の専門店にお手持ちのシュレッダーを持ち込みすれば、店員がその場で査定額を出してくれます。
市場のニーズが高い機種であれば、思ったよりも高額で買取される可能性があります。
店頭への持ち込みが難しい場合は、出張・宅配での買取に対応可能な買取専門店を探してみると良いでしょう。

②フリマアプリへの出品

不用になったシュレッダーをフリマアプリに出品する場合、基本的に出品手続きから配送まで出品者がすべて行う必要があります。出品の際には、シュレッダーの写真と品物に関するコメントを公開します。
シュレッダー本体だけを出品するのではなく、取扱説明書・保証書・付属品などをまとめて箱に同梱して配送するのが一般的です。
購入者がすぐに見つかれば良いですが、ニーズの薄い品物だと買い手が見つかりにくい場合もあります。

人気の家庭用シュレッダー

  • 1位 シュレッダー 家庭用 電動 400-PSD030 3,680円 (税込)
    ※ホッチキス対応・A4用紙6枚まで・連続運転時間2分
  • 2位 シュレッダー 家庭用 電動 400-PSD039 4,980円 (税込)
    ※ホッチキス対応・A4サイズ対応・マイクロカット3枚までOK
  • 3位 静音&高速 マイクロカットシュレッダー 2×12mm 400-PSD035 16,980円 (税込)
    ※ホッチキス対応・連続運転時間15分・最大枚数8枚・A4サイズ対応

基本的な処分方法と料金相場

不用品のシュレッダーの処分のみ希望する場合は、行政サービスまたは不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。

行政サービス

シュレッダーを粗大ごみとして排出するのに行政サービスを利用する場合は、事前に予約・申し込みの手続きが必要となります。
※一辺の長さが30㎝超の場合は、粗大ごみとして排出するのが一般的です。

シュレッダーの料金相場

東京都新宿区においてシュレッダーのサイズが高さ60㎝未満の場合は、1台につき400円、高さ60㎝以上の場合は1,200円です。自治体により料金体系に違いがありますので、詳細は公式サイト上にてご確認下さい。

シュレッダーの回収方法

事前に「粗大ごみ受付センター」に電話、またはインターネットでの予約が必要となります。時間帯によっては、電話が繋がりにくい場合があります。ネット予約だと待たされることもなくてスムーズです。
最寄りのコンビニや市区町村役場のごみ処理担当の課で、有料粗大ごみ処理券を購入して、予約した日時に所定の場所にて不用品を排出します。
行政指定の業者引き取りに来てもらうこともできますが、所定の場所への直接持ち込みだと運搬料金がかからないので、割引サービスされる場合もあります。
ただし、行政サービスはいつでもすぐに利用できるというのものではありません。
転勤やお引越しなど、急ぎの対応ができない場合があります。

不用品回収業者

不用品回収業者に依頼する場合は、都合の良い日時に引き取りに来てもらえるので便利です。シュレッダー単独で回収してもらうよりも、他の不用品と合わせてまとめて出した方が、かえって割安になります。

シュレッダーの料金相場

シュレッダーの処分費用の相場は、大きさ・機種に関係なく、5,000円程度です。車両費・人件費が別料金の場合は、合わせて8,000円~10,000円程度が相場と見て良いでしょう。

シュレッダーの回収方法

不用品回収業者の公式サイト上のメールフォームからお問い合わせしておくと良いでしょう。不用品の種類・大きさ・個数・居住地域など必須項目を入力・送信して、見積書を提示してもらいます。
業者のホームページがない場合は、電話でお問い合わせ・申し込み手続きを行います。指定した日時に業者が不用品の回収に自宅に伺い、搬出から回収後の処理まですべて一任できます。

無料で処分を宣伝する回収業者に注意

近所に無料廃品回収のチラシが配布された、「無料回収します」という触れ込みで、近所を巡回するトラックを見かけた、そのような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。中には、「市の職員から委託されて無料で不用品を回収します」と個別に電話をかけてくる業者もいるほどです。

通常、不用品回収専門の会社では、電話による営業行為を行うことはまずありません。 自宅訪問や電話による営業には、十分に警戒すべきです。
このような業者は無料回収を謳い文句にして、高額請求や不法投棄などのトラブルを起こすケースが多いのです。
とくに、近所の空き地で不用品を回収する業者の場合は、不法投棄をする可能性が非常に高いので要注意です。不適切な処理が繰り返し行われることで、フロンガスなどの有害物質の発生にも繋がり、最悪の場合は環境汚染のリスクもあります。
環境省では、「無許可の回収業者は利用しないで下さい。適正な手段で処分して下さい。」と全国的に呼び掛けています。

シュレッダーの不用品回収ならエコスリーにお任せください

今回は、シュレッダーの不用品回収について取り上げ、処分する方法と料金相場についてお伝えしました。シュレッダーは一般家庭用と業務用に区分されており、大きさによっても、処分の方法と料金相場には大きな違いが出てきます。お手持ちのシュレッダーがまだ使える状態なら、処分せずに売却や出品について検討するのも良いでしょう。

転勤やお引越しなどのご都合で、今すぐにでも処分したい方や、断捨離したい方は、どうぞお気軽にエコスリーにご相談下さい。シュレッダーの他にも処分したい物がありましたら、まとめて出していただくことでお得な料金プランを提案いたします。

東京都から千葉県・埼玉県・神奈川県の1都三県に対応しており、お問い合わせをいただいた後に、無料でお見積りを提示します。 回収料金のお支払いは、現金以外にも後払い決済としてクレジットカード・スマホ決済 (楽天Pay・PayPay)に対応しております。
不用品回収サービスを良心的な価格でお届けできるよう努めておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

不用品の回収事例

    • Before

      Before

    • After

      After

    2tトラックパック|Lパック 三鷹市下連雀

    今回は、昨年に一度ご利用いただいておりました企業さんからのご依頼です。事業拡大のためのオフィス移転にともない、オフィス家具やシュレッダーなど不要なものを処分したいとのことでした。まず、現場に行き見積もりを取らせていただき、ご提示すると、金額にご納得いただけましたので、回収日時の調整をしました。翌日の午前中をご希望でしたので、合わさせていただき当日は約3時間程度の作業で完遂となりました。今のオフィスの2倍くらいの大きさのところに移転されるとのことで、これからのさらなる事業発展を心よりお祈りしております。

    • Before

      Before

    • After

      After

    2tトラックパック|Lパック 港区青山

    雑居ビル内のオフィスより、不用品回収のご依頼を頂きました。お電話で回収量をお伺いしたところ2トントラックは必要だったのですが、横付けできる立地条件ではなかったので、軽トラ3台で伺わせていただきました。FAX、シュレッダー、デスク、チェア、キャビネット、冷蔵庫、デスクトップPCなど3台の軽トラで何とか全てを積み込むことができました。エコスリーでは、入り組んだ立地条件でも柔軟に対応したしますので、お気軽にご相談ください。

回収事例の一覧
     

シュレッダーの不用品回収に
対するよくある質問

手動シュレッダーと電動シュレッダーで回収価格は変わりますか?
「手動」「自動」によって回収料金が変わることはありません。シュレッダーのサイズによって料金が変わり、小型の手動シュレッダーであれば自治体の「小型家電リサイクル」で無料回収ができます。
小型家電リサイクルとは何ですか?
小型家電リサイクルとは小型家電に含まれる鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルなどの有用資源を再利用するために国が定めた制度で、自治体の回収ボックスまたは環境省・経済産業省から正式に認定を受けている「リネット」で小型家電をリサイクルできます。
業務用のシュレッダーは回収できますか?
業務用・法人用のシュレッダーは自治体の粗大ごみ回収に出すことはできません。法人レンタル・リースの場合は業者がそのまま引き取ってもらえますが、購入したシュレッダーは家電量販店か不用品回収業者に回収を依頼する必要があります。
故障しているシュレッダーも回収できますか?
故障しているシュレッダーでも回収は可能ですが、中古買取などは難しくなります。最新の物は高価買取できる場合もあるので、買取価格をみて修理や部品交換も検討してみてください。
クレジットカード・スマホ決済にも対応:エコスリーでは現金以外にも各種クレジットカード・スマホ決済(PayPay・楽天Pay)でお支払い可能です。
クレジットカード・スマホ決済にも対応:エコスリーでは現金以外にも各種クレジットカード・スマホ決済(PayPay・楽天Pay)でお支払い可能です。